読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

結局のところ似たような人間とだけ仲が続くという話

生活

今日友人が自宅に遊びに来てくれた

 

その友人というのは、私の住んでいる地域のかなりの土地を持っている大地主様の家に嫁いだいわば玉の輿嫁だ

彼女自身はもともと一般的な家庭で育ったらしい

 

そんな身分が違う(?)人とド庶民の私がなぜ友人かという話だ

私が努めていた職場に、アルバイトとして縁故採用されていた

彼女自身まったくそんな話を自らする事無く、出会った当初は全くそういう事を知らず、ごく普通のパート主婦だと思っていた

身なりもブランド物を持つこともなく、使い込まれた軽自動車に乗っていた

 

一緒に仕事に入るうちに少し話をするようになり、かなり月日が経った時に真実を聞いた

 

少し驚いた

彼女の家にも遊びに行く事もあった

現在は”本家”と呼ばれる大きな大きなお屋敷のすぐ近所の小さなアパートを自分たちで借りて住んでいる

家の中は、ミニマリストに近い物があった

必要最低限の家具、ゴミひとつ無い手入れされた部屋

後々、本家の方に色々と置いているのか?とさりげなく聞いたことがあった

違った

彼女の物もご主人の物も、ほとんどここにあるだけだと

 

そして彼女は言った

「物が多いと掃除が面倒だし、買い物に行くのも面倒(笑)」

 

わかるぅぅぅうぅ!

とにかく面倒なのね!わかるわぁ~

 

服飾品も、記念日にご主人からプレゼントされる物しか持っていないらしい

自身の服も、ファストファッションで最低限買うだけのようだ

 

偏見だが、一般家庭で育った普通の金銭感覚の人がある日突然お金持ちになったら、今まで出来なかった贅沢を存分に楽しんでしまうものだと思っていた

 

彼女自身、自由に使う事が出来るお金が増えたところで関係ないのだ

 

そんな性格だからこそ、言われるまで”お金持ち”とわからなかった

全くガツガツしておらず、偉そうにするわけでもなく付き合いやすかったのだ

 

そして持ってきてくれた手土産の洋菓子も、大変センスの良いモノだった

 

そんな”デキた”人間だからこそ、ご主人は結婚しようと思ったのだろう

思った以上にお金にガツガツした人間は多いものだ

 

約束を取り付ける連絡も最低限(2ターンぐらいのやり取りで終わる)、会って話す内容も自分自身の話より情報交換に近く、1時間程度で帰宅する

 

そのドライさが自分と似ているので付き合いが何年も続いている

結局、夫婦もそうだが似た人間と付き合うのが楽なのだ

 

短い人生、全力尽くして楽でいたいものだ

 

 ↓地主でも金持ちでもないけど参加しています↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ