読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

現時点で髪は染めるつもりはないという話

私は髪を染めていない

(ついでに髪型は今販売されている日経ウーマンの表紙の女の子と同じ感じだ) 

 

黒髪信仰というわけではないが、一度染めると染め続けなければいけない、それを維持するのが面倒であるからだ

(例に漏れず面倒くさがりなのだ)

 

もともと猫っ毛で細くて少なめという事もあってか、白髪らしい白髪はほとんどない

もし今後白髪が出てきても、染めるかどうかはわからない

 

30代後半の姉は私と違い髪質がしっかりしており毛量が多めな為か、白髪が目立ってきているようだ

その為白髪染めをこまめにしているという話だ

 

めちゃくちゃ傷んでるやん・・・

 

やはり頻繁な染髪は髪に悪影響なのだ

芸能人のようにお金をかけてケアすれば、きれいな状態を保つことが出来るだろう

だが普通の人はヘアケアに月間数万円もかけられるものではない

 

白髪が目立つと実年齢より老けて見えるというのもわかる

しかし、傷んで乾燥した状態の髪である事も見た目としては”若々しい”とはいえないと感じた

 

それを見て思った

傷んでいない白髪と、傷んだ白髪染めした髪、どちらが綺麗なのだろうと

 

有名ドコロで言えば、美容家の佐伯チズさんだ

白髪を少し紫に染めていらっしゃる

大変に似合っていると思う

白髪な上に染めているが、あれは白髪を受け入れそれを活かし楽しんでいるように見える

 

20代~30代前半の若白髪とかなら染めるのも良いと思う

もう40代ぐらいになったら白髪を受け入れ、地髪を楽しむのも悪くないのではないか

そう思う事もある

 

まぁ実際に自分が白髪が目立つようになったら染めたりするのだろうか

わからない

だが、染めるより染めない方が毛質は良い状態を保つ事が出来るという事だけは違いない

 

決してランニングコスト的にもったいないからとかではない

お金をかけたくないからそれっぽい理由を捻出しているとかではない

全然違うんだから・・・

ケチなわけじゃないんだから・・・!

 

 

 ↓禿げ上がる感じで参加しています↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ