読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

何もしていないのに壊れたとか言う話

生活

ガサツな人が苦手だ

 

ガサツというか、例えば機械の調子が悪くなった時に説明書を読まずにパワーでなんとかしようとするタイプの人間が苦手だ

 

こういう人間に限って、パワーでなんとかしようとした挙句に自ら壊して

『何もしていないのに壊れた』

とクレームをつける

きちんと説明を読めば解決できたであろう事なのに

 

意外と説明書を読まない人間は多い

何となく感覚で使える、というのもわかる

でもトラブル時ぐらいきちんと説明書を読んでほしい

 

私は面倒くさがりのくせに昔から説明書はきちんと読む

便利な機能が増えた今は特に、だ

便利な機能を知らないまま使い続けるのはもったいない

あとあと損した気分になりたくないのだ

 

特にうちの親がそうだ

欲しいと言われプレゼントしたスチーム機能付きオーブンレンジは

1年以上オート機能しか使っていなかった

それに気づいた時に指摘した

こうすれば飲み物がちょうどいい温度に温まる

こうすればスチームで解凍が出来る

というと

『うるさい!』

と理不尽にも怒られた

説明書に書いてあるでしょ?

と言っても

『自分で読むよりあんたに聞くほうが早い』

といいつつ聞かれた事なんて一度もないのだ

 

そもそもオートのみでいいのならば

そんな高性能のレンジを欲しがらなくてもいいじゃないか

沢山機能がついているのが良いと思っている割に

それを使わなければ良いも何もないではないか

 

そんな親から久しぶりに連絡があった

 

『電子レンジ、何もしてないのに壊れた。正月直して』

 

オートしか使っていないのであれば、まぁ’何もしていない’は間違いでは無いのかもしれない

表示されてるエラーの番号は?製品の型番わかる?と聞いたところで求めている答えは返ってこないので、わざわざ聞かない事にした

(電子レンジは直せる気がしない)

 

実際、こういう人は自分の思っている以上に多いのだろう

電気屋の店員さんはこういったクレームを日々受けているのだろうかと思うと

なんだか可哀想な気もしてこないでもない

 

インターネットがこれだけ普及しているのだから

ある程度は皆自分でなんとかしてみようよと思う今日この頃であった