読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

コーヒーを止めたとろこで何も困っていない話

数年前までコーヒーが大好きだった

コーヒー狂だと言っても過言ではないレベルだった

あ、あいつに手土産?ドリップコーヒーでいいんじゃない?と言われるレベルの周知の事実だった

 

しかし、今現在全く飲んでいない

ごく偶に、友人と喫茶店に行った際に飲む事があるぐらいだ

コーヒー云々以前に、友人と喫茶店に行くこと自体が”ごく偶に”になってしまった…

 

今思うと、当時本当にコーヒーが好きで飲んでいたのかわからない

 

20歳そこそこまではコーヒーよりミルクティーやジュースが好きでよく飲んでいた

 

会社勤めするようになり、無料で置いてあるブラックコーヒーを飲むようになり、何となくコーヒーが習慣化してしまっただけのような気がする

 

それから10年程、毎日毎日ブラックコーヒーを飲む生活が続いていた

 

止めてみて数年、本当に何も困っていない

確かある日突然止めたのだが、飲みたい!と強く思う事も1度無かったのだ

カフェイン中毒と言われるものもあるが、私はカフェインを欲していたのではなくてただ癖で飲んでいただけの模様だ

 

コーヒーが体に良い悪いの話は諸説あるのでどうでもいい

コーヒーを止めてよかったと感じる事は、コーヒー代がかからない

白湯中心にして、何となく歯の着色が少なくなった(気がする)

コーヒーに関するアイテムを手放す事が出来る

 

現状夫が良く飲むのでアイテム自体は存在する

彼は自分でカフェインが摂りたいと言って飲んでいる

それは本当なのだろうか

止めたら止めたで意外と大丈夫だったりするのだ

ただ長年の習慣になっているだけの人もいるのだ

 

アイテムと言っても、コーヒーマシンは無い

ドリップコーヒーとスティックシュガーとクリープのみなのでそこまでかさばらない

よほどの事でなければ、家族とは言え他人の生活習慣に口出す気はない

何に楽しみを置いているのかは人それぞれなのだ

 

私は白湯を楽しんでいる

白湯は美味い

白湯はとても良い

便通も良くなり、体も温まる

 

いやしかし、白湯好きとか言うと健康志向ナチュラル自然派ほっこり意識高め風で照れる

ただ単に飲むまでの作業が少ないというめんどくさがりにはベストな健康法なだけだ・・・

 

 

↓前も書いたが、白湯を沸かすのに鉄器を是非おすすめしたい↓

 

 

 

↓鉄瓶だけが鎮座するキッチンはなんだか美しい↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

無印の良品週間で買い物とか云々の話

生活

3月10日から無印の良品週間が始まった

4月3日の月曜日までだ

 

良品週間というのは、商品が10%オフになる時期だ

普通に購入するより、安い

お得である

 

今回は11月にあった以来だろうか

 

そこで今回買うものだ

 

無い!

 

はい

無い

 

無印で継続して使っているものは、オールインワン美容液のみだ

収納も買うものはない

収納するほどのものはない

食べ物も割高感はある

昔はあんなにレトルトカレー高くなかったぞ・・・

おいしさ見直しましたとか言ってサラッと値上げしよって・・・

 

ごくたまに見た目の無骨さに惹かれて文房具を買うぐらいだ

あとは子供の肌着ぐらいだろうか

某ユニ○ロより柔らかくて肌触りが良い

 

10%オフだからといって、なんとなく欲しいなぁ程度の物なんて買う必要無いと思っている

買わなければ100%オフだ

本当に必要になった時に、良品週間ではなくても必要なだけ買うのが良いのではないかと思っている

 

シンプルイズベストだが、特にすべてのインテリアを白に統一している等のこだわりはないし正直プラスチック用品は100均でもいいので無印である必要性も感じていない

 

だが、無印の店舗はなぜか好きなのである

情報過多なこの時代に、余計な色味が無くて無駄に疲れないのだ

つい入りがちになるので無印の策略に乗せられているのだろう

やるな・・・無印め!!

 

↓非オシャレ系だが参加しています↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

いただきものに対する扱いとかいう話

家族 ミニマリズム

あまり物々交換のプレゼントをし合う友人知人はほとんど居ない

 

結婚祝い引越し祝い出産祝い等は、親しい友人間では 『お返し不要程度の現金』と少しの手土産 というルールが何度か繰り返している間に出来上がったので、物を贈りあう事が無い

 

ところがどっこい、友人ならばそれでいいのだが、親族親戚はそうもいかない

 

先日、義父が車で我が家でやってきた

その時に持ってきたのだ

 

何年も前の義兄の子供、姪っ子達が遊び尽くしたボロボロの大型おもちゃ数個

 

塗装は剥げ、部品は破損しており、汚れが手入れされているわけではない ”かろうじて動く状態のゴミ” である

 

義兄家族は1年ほど前まで義実家で同居しており、今は遠方へ仕事で行った為にもう使っていないおもちゃが残されていたようだ

 

義父は

『うちはもういらん、ここには置く場所があるんだかから置いておけばいい、遊ぶだろう』

となぜかご満悦d

 

”いらない” と思う、姪たちもいらないと残していった物を、どうしてウチがもらってありがたがると思うのだろう

 

いや、そんな事など考えていないだろう

その世代(60代半ば)は、”まだ使える” 物を捨てるという概念はないのだろう

それを使う人がいればそれでいい

使う人がおらず、メンテナンスもされておらず放置されている状態が、”まだ使える物” に該当するものなのか

いや、しない

 

実の息子である夫ですら、駐車場から家の中に持ち込みたくない、というほどのものだ

不燃物の日がまだ先である事に、微妙な怒りを感じているほどだ

 

夫は義父に対して怒るわけではない

義母も、義父に対して注意するわけではない

でも、私がハッキリといりませんと言えるほどの立場ではないのだ

 

夫にお願いしておいた

これからはこういう物は断ってくれと

さすがに今回の事を見て、ハッキリと言ってくれると約束した

 

物が増えるのが絶対に嫌だ!!というわけではない

(不本意に増えるのは嫌だ)

せめて人にあげる物は、貰う側がどう思うのか考えてほしいと思うのだ

 

置く場所があるからいいだろう、というのは、ただゴミを代わりに置いておいてくれという事なのだ

 

不燃ゴミまであと10日、駐車場に置かれたままになるであろう

 

申し訳ないが、処分させていただく

(本当は申し訳ないなど思ってない、苛立ちしか感じていない事はここだけの話)

 

↓やっぱりギフトは消え物か現金が一番!参加しています↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ